日焼けしちゃった!その日焼けなかったことにしよう

まずは肌を冷やそう!

夏は海やプール、キャンプやバーベキューなど外で活動すること多いですよね。日焼け対策をしていても汗で日焼け止めが取れてしまったり、うっかり日焼け対策を忘れてしまって夕方家に帰って体がひりひりする、ということなりがちですよね。日焼けは軽いやけどの一種なのです。日焼けしている部分は赤く焼けたり、熱をもっていませんか?日焼けに1番大事なことは冷やすことです。冷水で洗ったり、冷却材を当てたりまずはほてった体をクールダウンさせましょう!

肌に水分補給をしよう!

クールダウンすることができたら、次に大事なことは肌に水分を与えることです。日焼けした肌は体の水分が不足しています。足りない水分をたっぷり化粧水で肌に浸透させてあげましょう。この時に大切なことは、たっぷりおしみなく化粧水を使うことです。高い化粧水はそれなりに効果がありますが高いからたくさん使うともったいない、と思って少ししか使わないとお肌は水分不足です。どの化粧水でもいいのでこれでもか!というくらいたっぷり使ってお肌を潤わせましょう!

その日に美白化粧水は使わない!

日焼けしたから美白化粧水もいつもよりたっぷり使わないと!と思っていませんか?確かに、たくさん使ったほうが美白に効果がある、と思いがちですが日焼けしたその日の美白化粧水、実はNGなんです。日焼けをした肌は、敏感になっていてデリケートな状態になっています。美白化粧水を使用するのはヒリヒリのおさまった翌日、もしくは2日目くらいから使いましょう。それよりも、化粧水のあとに乳液を使って肌にフタをしてあげましょう。乳液をすることで水分を閉じ込めることができるんですよ。

品川美容外科の起訴について調べる